今日だけピーターバラカンその5

コロナ解除になって数日たちました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

おっちゃんはヘッダーで「コロナ禍…なべ」を使ってて手抜きをしてたんだけどね。

もうそろそろ違うヘッダーを考えないと

皆に怒られそう(笑)

おっちゃんです。どうかどうか。


このブログ…手軽さが無くなってすっかり遠退いてしまいピーターバラカンシリーズなんて、さっきまで忘れてました(/--)/


タイトルの「今日だけピーターバラカン」

ピーターバラカンって誰?と思ってる人に説明すると、見かけもコメントもかなり地味なんですが、言葉を飾らないので、心にスーっとはきってくる。おっちゃんの大好きな

音楽コメンテーターなんです。


おっちゃんは基本、音楽はなんでも聞きます

このシリーズ「今日だけピーター…」は

気づいたら洋楽ばかりになってるので

今日はJAPAN!のアーティスト

小柳ゆきか悩んだけど…

順番でいくとレジェンドの久保田利伸

でいっちゃいましょうか(^_^)v


数年前まで国内では変化の少ないのぺーっとした歌いかたが流行っててねぇ

おっちゃんが少し邦楽を聞く事が

嫌になってた頃。

EXILEのテレビ番組で久保田利伸がゲストで出てTi Amoをカバーしてるの聞いて

やっぱり昭和のアーティストは本物だなと実感した曲でしたね。歌う人でこんなにも違うんだ!と…

ほんとに凄いなー久保田利伸!

カバーじゃなくて自分の持ち歌になってます。


EXILEのボーカルののぺーっと変化の無い歌いかたは今の時代の歌いかただろうと受け入れますが、昭和生まれのおっちゃんはやはり

世界に通用するであろう歌いかたの

久保田利伸がワクワクするんだな。


管楽器で言えば

ちゃんとタンキングしとる…

ちゃんとリズムを刻んどるのよね。

この刻みかたが久保田利伸っぽいんだわ(^.^)


たまにはね平成生まれの人達も

ちゃんとタンキングの入った歌いかたの出来る

昭和のアーティストの歌でも聞いてみて下さいな!


と言うことで

少しずつ忙しくなってる

船大工のおっちゃんでした。

ではまた(^^)d

コメント