やっちまった…

0
    おはようございます。
    船大工のおっちゃんです。

    映画…ドラマ…バラエティーなどで良くあるシーンで
    不意討ちでショッキングな出来事があると
    クラクラっとして倒れるシーンがありますね。

    実際はどうなんでしょう



    あるんです。
    本当に不意討ち喰らうと
    なるんですね…


    いまある地域の木造舟を数艇製作してるのですが
    杉板をかなり無理に曲げたりひねったりしなくてはいけないんです。

    おっちゃんは
    「よーっしゃ!この箇所が難しい作業の最後じゃ!」
    と慎重に気合いを入れてひねってたんですね。


    いきなり
    散弾銃を撃ったような爆音がしまして



    ↑こんな感じ…

    おっちゃん

    クラクラと目眩がして腰が抜けたような感じに



    本当に不意討ち喰らうと
    なっちゃうんですね



    かみさんが
    「とりあえず一息ついて、焼き肉ランチでも食べにいくよっ!」

    で昼まっからコッテリ目一杯食いました


    人間っていうのはですね
    良く出来ていて
    腹一杯になると
    立ち直れます…はい♪


    悩んでも仕方ないんで
    数日間の労力はもうきれいに忘れて

    割れた部材をばらしてます。




    映画、ドラマのように
    人は不意にショックな事が起こると
    本当にふらふら目眩がする


    と言う実験結果でした。



    ではまた
    (-.-)y-~

    築地俊造兄が天国に

    0
      2017年4月14年亡くなられました。


      船大工店のおっちゃんです。
      おはようございます。

      ここ30年は殆んど交流無かったんですが
      お見送りに行ってきました

      私が学生の頃は毎日
      俊造兄、他いろんな唄者が集まって『唄あそび』やってましたね
      当時の事 久々に思い出しました。

      私の親父も一緒になって毎日毎日『唄あそび』やってましたね。

      我が家はプライベートな部屋など無かったです。
      10代で思春期で反抗期の私は
      毎日 我が家で『唄あそび』やってる人たちが嫌で大キライで仕方がなかったですね。
      だから学校から帰ってくると
      「あーまた今日もだな」
      半ば諦めていたんで
      飯食ってすぐ自分の部屋でとじ込もって一切出て来なかったり、友達の所へ遊びに行ったり夜中『唄あそび』が終わった頃を見計らって寝るだけに帰ってましたね(笑)

      そんなことなんで意識して島唄関係者とはかなり分厚い壁を造ってました。

      今思えば
      俊造兄ょに可愛がってもらってたのに…とか
      いろんな事思い出して後悔してますね。



      左が築地俊造兄の息子。理昇。
      右が坪山豊の息子。私。


      上のショット
      島っちゅ(島んちゅは沖縄の方言です。奄美はシマッチュ)は理解出来ると思うのですが、
      島外の人は違和感感じる写真だと思います。
      私と理昇の表情…
      けして笑顔では無いんですよ。

      島外の人が奄美大島の御通夜に出席するとびっくりするはずです。
      交通事故とか突然の不幸は別として
      奄美で行われる御通夜は
      皆で昔の思い出話とかいろんな話をしながらね
      都会の御通夜に比べると明るいような感じです。
      声を出して笑ってる人もいたりして
      でもよく見ると涙流してたりしたりして
      不思議な光景だと言われますね




      ↑拾い物の写真です


      私の親父もばーちゃん(豊の母)の御葬式の時に突然
      三味線弾きだして唱い始めたのを覚えています。それも悲しい唄では無いヤツをね
      当然怒る人もいましたね。
      親父の思いを知らない私も何で?
      って思ってたんすよね。

      その時に初めて聞いた話なのですが
      戦前奄美大島はまだ1夫多妻の家族構成が多くて、実際ばーちゃんも今風で言えば事実上シングルマザーだったようです。
      もっと複雑な感じな話でしたが、
      小さな集落で独りで4人の子供を育てて大変苦労をしたばーちゃんらしいですね。
      日陰で一生を過ごしていたらしいんです。
      生きてる時は苦労しか知らないから
      それで最後はだけは皆で唄って見送りたい

      って事でした。

      で親父から個人的聞いた話は
      昔は奄美大島自体が奴隷制度のような環境だったらしく
      見送る時は皆で生前の昔話で花を咲かして見送るのが多かったらしいですよ。



      ↑拾い物の写真です。



      これが島っちゅの見送りかただから
      お前もとーちゃんの(親の)見送りかた理解してくれ。
      って教わりました。

      お断り
      全ての島っちゅがそうではないと思うので
      気分を害する人も居るかもです。
      そう言う人にはご免なさい。


      と言うことで
      船大工のおっちゃんでした。

      三代目の鋸

      0
        4年続けて木造舟を作りました。
        こんな経験は過去に無かったですね

        自称「木造船大工のおっちゃん」です
        どーも。


        最後に造った時にですよ
        貴重な鋸が…
        ポキッって折れてしまいました(泣)
        船大工さん用のちょっと特殊な鋸が
        私で三代目になります。
        大事に大事に使ってたのに
        ショックだったっすねぇ

        使い捨て鋸の時代に
        数十年頑張って働いてくれたんですけどね。





        落ち込むのはおっちゃんには似合いません!


        ばらして
        溶接してーの





        叩いて歪みを取って



        目立てして…





        復活させます!

        まだ後継者は居ないんですが(笑)

        4代目に繋げますよぉ〜♪


        と言うことで
        船大工のおっちゃんでした。
        d=(^o^)=b

        新年明けました…

        0
          だらだらと遅めの挨拶になりましたな…
          皆様今年も宜しくお願い致します。

          2017年元旦…から10日以上過ぎた
          秘め始めっ!

          違った

          事始めの挨拶です。

          先週は鹿児島県伊佐市のカヌー競漕場に
          仕事のヘルプと視察に行ってきました。


          艇庫前にはこんなのも

          船大工のおっちゃんには良く解りませんが…
          ドラゴンボートでしょうかね…
          少し小さいような気がするんですけど、多分ドラゴンでしょう。
          それにしてもK-1〜C-1ペア、フォアと公認カヌーが沢山ありました。
          感動し過ぎて写真撮るの忘れましたが、コースも設備が整ってて完璧でしたねー。
          ここ奄美大島にもこんな施設があればいいんですけどね。

          さて
          新春一番のカヌーレース
          「第35回千葉県知事杯」が1月8日江戸川でありました。
          この船大工のおっちゃんのカヌーブランド
          Scofits(スコフィッツ)って名前で製造販売してるのですが、
          そのなかでサーフスキーってカテゴリーに入るカヌーも造ってて今年もウッチーこと「内田直人」がエントリーしました。



          結果は

          総合3位!シングルで1位!
          と新年早々凄い結果をだしましたね!
          内田直人くんからは申し訳なさそうに報告受けたのですが、謙虚な人ですねぇ
          彼の人柄がメールで伝わってきました。













          この千葉県知事杯はリバーレースなんですけど、外洋ダウンウィンドー用のカヌーで凄い結果を出したと思います。
          ウッチーおめでとう!!!

          忘れてました
          この1位になったサーフスキーモデル名は…
          SSR Bulletと言うモデルです。
          その名の通り、♪弾丸のように飛んでいけぇ〜♪郷ひろみ風って事ですよ(笑)



          と言うことで
          皆さん今年も宜しくお願い致します。
          奄美の「船大工のおっちゃん」でした。
          ではまた(-_-)/~~~

          横浜カヌーフェスティバル2016

          0
            おはようございます。
            船大工のおっちゃんです
            どーも。

            先週10月16日に横浜縦断カヌーフェスティバルがありました。
            都会の中を駆け抜ける珍しいレース
            来年こそは行ってみたいレースです







            さて
            おっちゃんが製作したカヌーのレース結果
            総合1位
            内田直人サーフスキー(AyahavelaSSR Bullet)

            シーカヤック部門1位
            菊地太(ディアブロ)

            素晴らしいです!

            大会運営関係者ありがとうございました。
            エントリー選手のみなさんお疲れ様でした。


            と言うことで
            船大工のおっちゃんでした。
            ではまた(^-^)v

            SCOFITS公式サイト
            公式サイトリンク用
            calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << April 2017 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM